2008年09月06日

コードギアス〜反逆のルルーシュR2〜 21話感想

TURN21 「ラグナレク の 接続」
 

ついに皇帝の真意が明かされ

ルルーシュの前に現れたマリアンヌ。

しかし、再会も束の間・・・

両親の身勝手とも思える目的に

ルルーシュは反感をおぼえます。


そうか・・・ここで「反逆のルルーシュ」のサブタイが生きてくるのかf(^^;


てなことで、C.C.やV.V.との関係など

クライマックスに向けて

今までの疑問を一気に解消した(?)21話。

遅くなりましたが感想です。
 
 
 
  
 
 
今回も次回放映まで時間が無いので

軽く流させていただきます・・・m(_ _:)m


以前から匂わせてはいましたが

マリアンヌは、かなりハジけた人だったみたいですね・・・

「ちっ・・・起きるの早すぎ!」


スザクの顔に油性ペン?で何かを描こうとしてた!?

それよりも、そのペン、どこにあったの(笑)


そして、やっぱりというべきか

マリアンヌは皇帝派だったようです。

つまり先回、C.C.に「味方なのか」と問いただしたのは

皇帝と自分の・・・というニュアンスだったんですね。


でも、まさかマリアンヌを殺したのがV.V.だとは思わなかった。

「互い理解し合っていくのが楽しくなってきたみたいだ」

それって、皇帝やV.V.の目的に沿うものだから良いと思うんだけど

V.V.は嫉妬しちゃったんだねぇ・・・

C.C.はV.V.に「マリアンヌのこと、好きだったんだろ?」って言ってましたが

腐女子観点から見ると違う!

V.V.はシャルルの事が好きだったんだよ!きっと!!(妄想)

つまり、シャルル×V.V.なんだよ!!

二人の間には「愛」があったのに

マリアンヌが現われて、そのバランスが崩れたんだよー!

『シャルルは僕のモノなのにっ!あの女さえ居なければ、シャルルは永遠に僕の・・・』

みたいなー!!(〃▽〃)キャーるんるんハートたち(複数ハート)

弟×兄!萌えでしょ!!(笑)


と、妄想は置いといて

C.C.まで皇帝たちに同意していたっていうのは少しショックだった。

確かに「シャルルのやり方が気にくわない」と前に言っていたし

ルルの野望の手助けをしていたわけではないから、気付くべきだったなぁ。

それにしても、C.C.には矛盾がいっぱいなんだよー!

「枢木スザク・・・似ているな・・・お前と私は・・・」

とか言って、スザクに拒否られていたけど(笑)

彼の言う通り、「死にたい」願望の根本が違うよね。

スザクは自らの罪を償うことが死ぬことだと思っていて死にたいのだけど

C.C.は基本的に人間が好きで係わっていたいのに

周りが自分を置いて死んでいってしまうことに耐えられなくて死にたいんだと思う。

つまり、C.C.は本当は生きたいんじゃないかな?

そして、冷たく見えるけど本当は優しいんだよ・・・

だって、本当に死にたいだけなら

わざわざルルを使って死のうとしなくても

はじめからシャルルの所に居ればいいし

マリアンヌも説得したのに来なかったと言っているということは

少なくとも、真実を知らないルルが可哀そうだと思っている証拠と受け止めたい。



ところで今回、皇帝の真意が明かされたのですが

難しすぎて、イマイチ理解しにくい点がチラホラ・・・ふらふら

ただ単に、私が頭悪いだけなのか?


「世界は欺瞞という仮面を脱ぎ捨て、真実をさらけ出す」

つまり、人類の精神が全て1つになることにより

嘘を吐けない世界になるということなの?

全ての精神が1つになっているため

誰でも真実を知ることができる世界。

そんな世界を作り出すためには

C.C.のコードとやらが必要なのか?

何となく言いたいことの輪郭は分かるんだけど

根本が理解できないんだよねーバッド(下向き矢印)

そもそもコードとは何なの?

一から説明してほしいexclamation×2


それとマリアンヌ殺害の偽装が、どうやって行われたのかも理解できないんだけど・・・あせあせ(飛び散る汗)

ルルたちの記憶を書き換えたってこと?

でもそれは、シャルルがやったんじゃないよね・・・

だとすると、記憶を書き換えるギアスを使える人物が他にいたのかなぁ

それとも、ルルたちの前で死んだマリアンヌ自体が身代わりの偽者?

わーかーらーんー!!

このあたりも、どこかで詳しく説明してくれないかなf(^^;



「私が、第99代皇帝・・・ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアです」

そして!遂にルルーシュが皇帝にっexclamation&question

更にスザクがルルの騎士・・・揺れるハート

ヤバイ・・・萌えだ・・・

もう、腐女子魂を煽っているとしか思えない展開!(笑)

それにしても1カ月間もルルたちは何してたんだろう?

黄昏の間?から帰還するのに時間がかかった?

それとも何か裏工作をしてたから??

たぶん後者の方だと思われるけど

そしたら何の為に、どんな裏工作をしたのだろう・・・

やっぱり、対シュナイゼルを想定して?

でも、シュナイゼルは曲者だしなぁ・・・

「ありがとう、ルルーシュ・・・
     君が表に出てきてくれたのなら、もはや問題はない」


この余裕がムカつく(笑)

それに黒の騎士団も、まだシュナイゼルと手を組んでいるのかなぁ・・・

できれば、ルルとカレンは戦ってほしくない!

あと、神楽耶はゼロの真実を聞いてどうしたんだろう。

日本の独立もどうなったのか分からないし

情勢が分からないから展開も読めないよ・・・バッド(下向き矢印)


でも、最終的にルルのことだから今までの責任をとって

本心を隠し、悪者として世界に立ちはだかり

黒の騎士団あたりに倒されるという結末になるのかもなぁ・・・

そうでなければスザクがルルに付くとは思えないし(^^;


とにかく、次回「皇帝 ルルーシュ」楽しみです!
 
 
 
アニメガイド コードギアス〜反逆のルルーシュR2
 
 


ラベル:コードギアス
posted by いつき at 18:41| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアスR2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。