2009年10月31日

引き続き「DARKER THAN BLACK」ネタ・・・

 
 
初の3日連続の投稿です・・・(^^ゞ

それも、すべてDTBネタ・・・ってたらーっ(汗)

どんだけハマったんだ!自分!?

と言うカンジなんですが

ちょっとDTB感想ブロガーさん達の中を回遊していたら

気になるコトがあったんで

またまた感想など・・・
 
 
  
 
3話の最後でヘイが

「俺はインを・・・あの女を殺す!」

って言ってたのを、皆さんの感想を読んでいると

【ヘイがインを殺したがっている】

という様に捉えている方が大半みたいなのですが

私の解釈では『イン=あの女』では無く

ヘイが、インを見殺し?にしたのを悔んでいて

見殺しにしてしまう原因を作ったのが『あの女』だと思っていたので

皆さんの反応にビックリΣ(‘д‘;)


なぜ私が『イン=あの女』では無いと思ったのかというと

ヘイの回想シーンで、イン自らがヘイの身代わり?として

死のう?としているように見えたから・・・


回想シーンで、インがヘイに謝罪しているのも

インは、ヘイが身代わりとなることを望んでいないのを知っているのに

身代わりとなったから謝罪してるのかと思ったんですが

皆さんの反応だと、インがヘイを裏切ったから謝罪した

という風に捉えているようなんで、アレ?そうなの?・・・と(^^ゞ


まぁ、確かにドールも合理的に行動するのなら

インがヘイを裏切った・・・という線もあるのかもしれないですけど

1期の後半で、インにも感情らしきものが芽生えて

ヘイを慕っているように見えたので

裏切る・・・と言うよりも、身代わりになった・・・という方が

しっくりくるかな〜・・・と(^^;


ヘイにしたって、例えインが裏切ったのだとしても

「殺す!」なんて言うハズが無いと信じたいんですexclamation×2


なので、私は『イン=あの女』で無い!

という線に賭けてみたい!!

そう思うのです・・・
 
 
 
blogram投票ボタン投票よろしくデスv
 
 

ツキアカリのミチシルベ(アニメ盤)(期間生産限定盤)

ツキアカリのミチシルベ(アニメ盤)(期間生産限定盤)

  • アーティスト: ステレオポニー
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2009/11/04
  • メディア: CD




ツキアカリのミチシルベ(初回生産限定盤)(DVD付)

ツキアカリのミチシルベ(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: ステレオポニー
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2009/11/04
  • メディア: CD



posted by いつき at 22:20| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(1) | DARKER THAN BLACK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131696680

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) DARKER THAN BLACK-流星の双子- 第4話 「方舟は湖水に揺蕩う・・・」
Excerpt: DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)クチコミを見る ロシアを後にしたスオウは、日本へと渡っていた。たどり着いた先は、天国戦争の傷跡の残る街、札幌。そこ..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2009-11-04 16:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。